懸垂ができる筋力がつくと、懸垂逆上がりはできます。
ただ、体の使い方、コントロールの仕方が身についていないと、できません。
懸垂逆上がりの練習を通して、体のコントロールを身につけましょう